Adoの絵師6人は誰?沼田ゾンビ⁉のインタビューについても!【アッコにおまかせ!】

AdoさんのMVのイラストを描いている絵師(イラストレーター)が、「アッコにおまかせ!」で紹介されていました。

絵師さんはどのようにミュージックビデオに採用されているのでしょうか。

また、絵師さんのツイッターや、沼田ゾンビ⁉さんのインタビュー内容も紹介します!

Adoの絵師6人は誰?

Adoの絵師

歌手のAdoさんのMV(ミュージックビデオ)で採用されている絵師さんについて、2021年9月5日の「アッコにおまかせ!」で紹介されていました。

Adoの絵師

顔出ししていない歌手にとって、MVのイメージは重要なのだそうです。

番組で紹介された絵師さんはは6人。

❖WOOMA(うっせぇわ)

❖ヤスタツ(レディメイド)

❖沼田ゾンビ⁉(ギラギラ)

❖かゆか(踊)

❖ケイゴイノウエ(夜のピエロ)

❖チェリ子(会いたくて)

Adoさんは、楽曲によって絵師さんを変えています。

作品のイメージを左右する絵師さんは、重要な存在だとAdoさんはコメントしています。

曲のストーリーだったり主人公を印象づけるものとして絵師さんの存在はすごく大事なものだなと思っております。

MVのデータを初めてみる時に、曲がより生きてる、という感じがします。

Adoの絵師のツイッターとイラストを紹介!

絵師さんは、自身のツイッターでイラストを紹介しているので、さっそく見ていきましょう。

WOOMA(うっせぇわ)

ヤスタツ(レディメイド)

沼田ゾンビ⁉(ギラギラ)

かゆか(踊)

ケイゴイノウエ(夜のピエロ)

チェリ子(会いたくて)

Adoの絵師はどうやって採用されたの?

絵師さんはどのようにMVに採用されているのでしょうか。

Adoさんの場合は、レコード会社の人が絵師さんを決めているようです。

「アッコにおまかせ!」では、ユニバーサールミュージックの音楽ディレクター が採用方法を説明していました。

絵師さんは主にツイッターやYouTubeを観て探します。

ZOOMで話すわけでもなく、電話をするわけでもない、だから声も聞いたことないですね。

メールかDM(ダイレクトメッセージ)かどっちかでコンタクトします。

ツイッターなどのSNSでアップされている作品をチェックし、メールかDMでオファーしているようですね。

もしかしたら学生の可能性はあるんですけど、分からない。

性別も分からない。

大人なのか子供なのかもわからない。

居場所も日本なのか海外なのかも分からないです。

レコード会社の担当の方でも、絵師さんの素性は全く分からないそうです。

会うことも話すこともなく採用され、どんな経歴かも問われないとのこと。

作品だけが純粋に評価されるようですね。

沼田ゾンビ⁉にインタビュー

「アッコにおまかせ!」では絵師の沼田ゾンビ⁉さんが声で出演し、採用された過程などをインタビューで答えていました。

声からすると沼田ゾンビ⁉さんは女性でした。

沼田ゾンビ⁉さんによると、ある日Adoさんの事務所から、ツイッターのダイレクトメッセージで連絡がきたそうです。

最初は本当のオファーかどうか、信じられなかったとのこと。

レコード会社の人と会うこともなく、全てお任せで自由に作成を依頼されたそうです。

 

制作はiPadとプロクリエイトというソフトを使い、ラフ→線画→色を塗って完成、という3段階で描いたそう。

将来はゲーム制作に携わるのが夢だと語っていました。

もしかするとまだ学生さんかもしれませんね!

まとめ

今回は「アッコでおまかせ!」で紹介された、AdoさんのMVに採用された絵師さんについてまとめました。

レコード会社からのオファーはSNSのDMなどでくるようです。

年齢や経歴など何も問われない上に、レコード会社の人とも一切会わないで採用となるようですね。

また、沼田ゾンビ⁉さんのインタビューについても、番組で紹介された内容をお伝えしました。