【画像・総まとめ!】高田賢三のパリの自宅が豪華すぎる!『ぴったんこカン・カン』

賢三さん自宅

2020年3月27日の「ぴったんこカン・カン」で、世界的ファッションデザイナー・高田賢三さんのパリのご自宅が紹介されました。

その公開されたご自宅がとにかく豪華でセンスが良く、素敵すぎる!と話題に。

訪れた安住紳一郎さんと、香川照之さんも、その凄さに圧倒されていました。

また、80代には見えない若々しい高田賢三さんに、60代にしか見えない、など驚きの声も。

色んな意味でとにかく驚いた回だったので、その時の様子についてご紹介します。

高田賢三のパリの自宅訪問【ぴったんこカン・カン】

「フランスで大成功した日本人」を訪ねる企画で、番組MCの安住紳一郎さんと、俳優の香川照之さんが、画家の釘町彰さんの案内で高田賢三さんのパリのご自宅を訪問されました。

場所はパリの一等地

高田賢三さんのご自宅は、パリ6区の一等地にあるそうです。

この辺りは東京の青山のような地区とのことなので、おしゃれなエリアなのでしょうね。

ご自宅はアパルトマンと呼ばれる集合住宅の中にあり、内階段のついたメゾネットタイプ。

最上階と矢印あたりの2フロアが高田賢三さんのご自宅兼アトリエだそうです。

アトリエの玄関

アトリエと自宅では階が違うそうなのですが、まずはエレベーターでアトリエの階へ。

賢三さんが玄関でお出迎えしてくれます。

玄関から凄いのですが、賢三さん自身のオーラもすごい。

番組放送時は80歳だったそうですが、とにかくおしゃれで姿勢が良く、年齢が分からないほどお若く見えます。

置物、絵画、壁画など、インテリアの一つ一つにこだわりがあり、エントランスから美術館のようだと圧倒されっぱなし。

アトリエ

そしてアトリエに移動。

この部屋でアイデアを練ったり創作したりするそうです。

アトリエ

このハイセンスなアトリエには、白い折り鶴が、一つ一つ壁に付けられ装飾されています。

takadakenzo

賢三さんの机の上を詮索する安住アナ。アイデアを書いたメモを見つけたりと、見ている方がヒヤヒヤします。

そんな時でも優しい賢三さんは、穏やかに接してくれました。

安住アナ:「アイデアが生まれる現場って、迫力ありますね」

香川照之さん:「なんか荘厳な空気ですね。」と、二人とも圧倒されっぱなし。

 

アトリエ階・奥の部屋

そして、アトリエ階の奥の部屋へ移動。

こちらの部屋には、今回案内をして下さった画家の釘町彰さんが描いたという壁画が壁一面に。

takadakenzo

一番左が釘町彰さん。釘町彰さんはフランスでご活躍されている画家さんです。

釘町彰

ご自宅

次は自宅の階へ移動します。

玄関を開けると更に扉が。

風水的に取り付けたそうで、少し開けているのがポイントだそうです。

入り口にはたくさんの本が置いてありますが、ここでサザエさんの本を発見。

賢三さんが子供の頃好きだったようです。

インドネシアから取り寄せたという像の椅子も。

賢三さんがバカラとコラボしたブッダも飾られています。

ベルサイユ宮殿のシャンデリアと同じデザイナーのシャンデリア。

賢三さん自宅

骨とう品もいくつか紹介されました。

そしてこちらの階にも、画家の釘町彰さんが描いたというプラチナ箔の屏風が飾られています。

 

この台座は賢三さんの希望で、何度も高さを変えて調整したとのこと。

デザイナーのこだわりを感じますね。

一通り案内された後、香川照之さんが「圧巻すぎて面白いコメントが出ない」とコメント。

安住アナが「15分ぐらい前から気づいてたんですよね、(香川さん)完全に賢三さんに気に入られようとしている」と言い、これには賢三さんも大笑いでした。

素敵すぎる自宅に視聴者の声

まとめ

今回は「ぴったんこカン・カン」で紹介された、高田賢三さんのパリのご自宅についてお伝えいたしました。

世界的に成功されたファッションデザイナーのご自宅だけあって、こだわりとセンスの良さは圧巻でした。

また、賢三さんの見た目も、話し方も、信じられない程若く、80代には見えませんでしたし、穏やかな口調でお話しされる姿も印象的でした。