平井大の経歴や家族は?開業医の父親の影響でウクレレシンガーに!

平井大

引用:ALOOOOHANA!!

サーフロックというジャンルで活躍されている、シンガーソングライターの平井大さん。

耳に残る優しい歌声と歌詞で注目を集めています。

今回は「平井大の経歴や家族は?開業医の父親の影響でウクレレシンガーに!」といった話題についてお伝えします。

平井大プロフィール

本名:平井大 (ひらい だい)
ニックネーム:ダイちゃん、ダイくん
出身:東京都
身長:169cm
誕生日:1991年05月03日 (29歳、2020年時点)
デビュー年:2008
ジャンル:J-POP, サーフ・ミュージック
好きな食べ物: コーヒー
出身高校:明星学園高等学校
趣味:ボクシングのテレビ中継などを見ることなど

シンガーソングライターの平井大さん。

日本人離れしたルックスですが、東京都出身だそうです。

父親、母親、平井大さんの3人家族で、東京都三鷹市にある「明星学園高等学校」を卒業。

父親がギターをやっていて、子供に教えるにはまだ手が小さかったため、ウクレレを教えようと思ったそうです。

そして3 歳の時に祖母からウクレレを貰い、音楽に興味を持つようになったそう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Don’t forget to smile. 幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔だから幸せになる。 気がする。

平 井 大(@hirai_dai_official)がシェアした投稿 –

ウクレレのトップ プレイヤーの演奏を目の当たりにしたことをきっかけに、驚異的なスピードでウクレレを習得。

11歳の頃に父親から音楽編集ソフトを買ってもらいオリジナル作品の制作を始め、17歳まではウクレレプレイヤーとして活動をしていました。

その後は歌詞を作ることから初めて、シンガーソングライターとして本格的に活動を開始。

平井大さんが19歳の時に、ハワイ最大規模のイベントと言われる「ホノルルフェスティバル」の公式イメージソングとして「ONE LOVE ~ Pacific Harmony ~」が抜擢されました。

同じ年の2011 年5月に、「Island Girl feat.ALEXXX」がUSEN インディーズ総合チャートで1 位、レコチョク・クラブ うたウィークリーチャート1 位を獲得。

2012年5月に、1stフルアルバム「ALOHA」をリリースし、iTunesの総合チャートで1位を記録し、2013年7月に『Dream』でメジャーデビューを果たします。

2019年2月には「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の主題歌にも抜擢されました。

2020年9月に「Stand by me, Stand by you.」でLINE MUSICやSpotifyなどで1位を獲得。

平井大の父親は開業医

平井大さんの父親は、祖父の代から豊島区で開業医をされているそうです。

平井大実家_平井医院

父親はギターとサーフィンが趣味で、夏は湘南や千葉にサーフィン、冬は群馬の方にスノーボードに行っていたそうです。

平井大父親

その影響で平井大さんも幼少の頃から海に親しみ、ウクレレやギターを演奏するようになったそう。

ウクレレは父親が教えてくれたそうで、今でも一緒に演奏することがあるそうです。

素敵なお父様ですね。

息子がウクレレを始めたのは、僕が一緒にギターを弾きたいと思って教えたことがきっかけです。

子どもだったのでギターではうまくフレットを押さえられない。じゃあウクレレがいいだろうと与えたら本職になってしまったというわけです。

今でも一緒に演奏することもあります。

引用元:https://doctorsfile.jp/h/26112/df/1/

まとめ

今回はシンガソングライターの平井大さんについてお伝えしました。

幼少の頃から父親の影響を受けて、ウクレレシンガーとして活躍されていたようですね。

シンガーソングライターとして活動されてからは、CMソングや映画の主題歌にも抜擢されています。

様々な音楽チャートでも1位を獲得されていますし、今後の活躍についてもぜひ応援したいですね。