西村碧莉は4人姉弟?スケボー好きな家族で育った世界のトップスケーター!

西村碧莉がカワイイ

スケートボードの西村碧莉選手は、2人の姉と弟がいるそうです。

家族みんながスケボー好きといった環境で育っています。

今回は西村碧莉選手の家族についてご紹介したいと思います!

西村碧莉は4人姉弟?

西村碧莉がカワイイ

西村碧莉選手は、東京都江戸川区出身、2001年7月31日生まれの19歳。

小学校5年の時に全国大会優勝という成績を残して以来、

海外の大会でも優勝を多数獲得している、世界のトップスケーターの一人です。

西村碧莉選手は、二人の姉と12歳年下の弟がいます。

西村碧莉の兄弟

4人ともスケートボードをするそうで、4人の名前の頭文字を合わせると「SKATE」になるそうです。

長女:沙菜(さな)    =S

次女:詞音(ことね)=K

三女:碧莉(あいり)=A

弟:哲偉瑠(ている)=TE

まさに、スケート一家、という感じですよね!

ところが父親の哲雄さんによると、子供にスケートをやらせるつもりはなかったそう。

西村碧莉の家族

たまたま3人姉妹の名前の頭文字が「SKA」だったことに気づき、4人目が生まれたときに「TE」をつけようと思ったのだとか。

いや、実はみんな全くスケートをやらせるつもりはなかったんです、だけどサナ、コトネ、

アオリの頭文字を取ってみると…S・K・Aになるんですよ、それでテイルが生まれて名前どうしようかってなった時にSKAってきたらもうT・Eしかないだろって(笑)じゃあ5人目はもう考えられないから4人目でT・Eつけちゃおうって。

引用元:https://magazinesummit.jp/entertainment/1404198161006

狙っていないのに、スケート一家になる運命みたいになってしまった、とインタビューでも答えていました。

面白いですよね!

西村碧莉の家族はスエボー好き?

西村碧莉の父親出典元:マガジンサミット

西村碧莉選手はスケボー好きの父親の影響で、小学校2年生の頃から姉と一緒にスケートボードを始めています。

幼馴染の子がスケートスクールに誘ってくれて、姉二人と共にスケートスクールに参加します。

きちんとした滑り方やジャンプを教えてもらったらすごく楽しくなり、そこからスクールに通い始めたそうです。

そして小学5年生で全国大会で優勝します。

その後は2017年に日本選手権優勝、海外の大会でも活躍し、2017年には X-Gamesでアジア人女性初の優勝を果たしています。

その後も数々の好成績を残し、世界のトップスケーターとなりました。

3歳年上の姉、次女の詞音(ことね)さんもプロスケーターで、碧莉選手と同じ木下グループ所属。

西村碧莉の姉

輝かしい成績を持っています。

❖ 2019年:Damn Am Los Angelesの女子ストリート部門準優勝
❖ 2015年:全日本スケートボード選手権準優勝
❖ 2014年:全日本スケートボード選手権3位
❖ 2013年:全日本スケートボード選手権優勝
❖ 2012年:ムラサキスポーツチャンピオンシップ3位

詞音さんは、2016年に大怪我をして、前十字靭帯と後十字靭帯の手術し、長い間リハビリをして復活しました。

 

長女の沙菜さんは碧莉さんの6歳年上です。

西村碧莉選手の姉・長女のサナさん

プロスケーターではありませんが、3人の中では一番スケートのDVDを観ていて、西村家のブレーン的存在だそうです。

二人の妹の応援をして支えていきたいと思っているそう。

碧莉さんがロサンゼルスを拠点に活動をしているときも、家で料理などを作ってサポートしているようです。

 

そして弟の哲偉瑠くんも、スケートを練習しているそうです。

西村碧莉と弟

年が離れた末っ子で、皆に可愛がられているようですね!

西村碧莉プロフィール

2019 AUg

生年月日:2001年7月31日
出身:東京都江戸川
身長:158cm
中学校:松江第一中学校
高校:第一高等学院高校通信制

西村碧莉選手は小学校2年生でスケートボードを始め、2017年には 日本選手権優勝、X-Gamesで優勝を獲得しますが、

2017年の10月に「ひざ前十字じん帯断裂」という大怪我をしています。

西村碧莉の怪我の様子

半年間リハビリを続け、2018年のX-GAMESではなんと準優勝

2018-2

スケボーは常に怪我がつきものだそうで、今でも毎回怖いと思いながらやっているそう。

西村碧莉選手はテクニックと勇気があると言われていますが、子供の頃から父親が厳しく転んでも何度も練習をしてきたそう。

西村碧莉11歳 

友達と遊びたい気持ちを抑えて練習してきたそうです。

最初はボードと足を一緒に浮かせる基本動作だけでも、1年かかったと言います。

西村碧莉の基本動作

スケートボードはこの最初の段階で挫折する人が多いそうです。

練習では、何度も鉄の棒にぶつかって、高い位置からコンクリートの地面に落下、というのを繰り返していました。

一つ一つの技を身につける度に、このような激しい練習を繰り返し、努力しているようです。

今では世界のトップスケーターとなりましたが、技は限りなくあると語っています。

また、それもスケートの魅力の一つだそうです。

こんなにボードはボロボロですが、これはまだ新品だそう。

ボードは1か月で交換

早い人は1か月に1回ぐらいで新しいボードに取り換えるそうです。

ボードだけ見ても、厳しい練習を積み重ねていることが分かりますね。

西村碧莉選手の夢は、30歳までにロサンゼルスに家を持つことだそうですよ。

まだ10年以上もありますが、もっと早く夢が叶いそうですね!

2019西村碧莉選手の優勝写真

<過去の成績>

 

❖ 2019年
World Skate SLS Street World Championships Sao Paulo 2019 3位
International Skateboarding Open of Street Skateboarding Henan 2019 – 5 Star 2位
X-Games Oslo 優勝
X-Games Minneapolis 2019 女子ストリート 優勝
World Skate SLS Tour 4位
スケートボードデューツアー 6位
X-Games Shanghai 5位
ストリートリーグスケートボーディング(SLS) 5位
スケートボード・ストリート第1回世界選手権 優勝

 

❖ 2018年
SLS WORLD CHAMPIONSHIP 優勝
X-Games Minneapolis 準優勝

 

❖ 2017年
Street League Skate Supercrown 4位
X Games Minneapolis 優勝
第1回日本スケートボード選手権 優勝

 

❖ 2016年
Street League Skate Supercrown 5位
X-Games 8位

まとめ

今回はスケートボードの西村碧莉選手についてお伝えしました。

姉2人弟1人の4人姉弟で、皆スケートをやっているスケート一家。

意外にも父親は子供にスケートをやらせるつもりはなかったそうですが、皆の頭文字をとると「SKATE」に。

西村碧莉選手は、2017年にアジア人初のX-Games優勝を果たし、その後も数々の大会で好成績を残しています。

今後も西村碧莉選手を応援していきたいと思います!